ニュース

斉藤英次の顔画像!元妻にどんな恨みがあった?アイスピックで刺し指名手配

5月7日、北海道登別市で57歳の女性が元夫の斉藤英次(さいとうえいじ)容疑者に
アイスピックのようなもので刺される事件が起こりました。

冷静に考えてアイスピックで刺すなんて恐ろしいです。相当な恨みがったのでないかと伺えます。

現在、斉藤英次容疑者は逃走中で指名手配されているようです。

そこで今回は、斉藤英次容疑者の顔画像や事件の詳細、元妻にどんな恨みがあったのかをまとめていきたいと思います。

北海道登別市で57歳の女性が元夫にアイスピックのようなもので刺される事件詳細

以下、今回起きた事件の詳細です。

7日、北海道登別市で57歳の女性が元夫に刃物で刺されけがをした事件で警察は逃走している元夫の画像を公開し情報提供を呼び掛けてます。

殺人未遂の疑いで公開捜査となったのは登別市登別東町4丁目の無職・斉藤英次容疑者(62)です。

斉藤容疑者は7日午前、57歳の元妻の女性の胸2か所をアイスピックのような刃物で刺し、大ケガを負わせた疑いがもたれています。

犯行後現場からは使用されたとみられる凶器や斉藤容疑者のものとみられる黒のマウンテンバイクがなくなっていて依然行方は分かっていません。

斉藤容疑者は身長170センチほどの中肉、白髪交じりの丸刈りで無精ひげを生やしているということです。

警察は傷害事件として捜査していましたが、殺人未遂の容疑が特定されたとして殺人未遂に切り替え行方を追っています。
出典:ヤフーニュース

北海道登別市で起きた事件ですが、斉藤英次容疑者は元妻に相当な恨みがあったのではないかと伺えます。

普通に考えてアイスピックで人間の胸元なんて刺さないですよね。

考えるだけでゾッとしてしまいます。

二人の間に何か問題でもあったのでしょうか?

事件が起きた場所はどこ?

報道によると、今回事件が起きた場所は以下のとおりです。

今回事件が起きた場所は、

北海道登別(のぼりべつ)市 だそうです。

登別市の市名はアイヌ語の「ヌプル・ペッ」(色の濃い・川)に由来しています。これは石灰質の温泉が川に流れ込み、川の色が白く濁っているからのようです。
出典:wikipedia

斉藤英次容疑者の顔画像やプロフィール

名前 斎藤 英次
年齢 62歳
住所 登別市登別東町4丁目
職業 無職
容疑 殺人未遂

今回指名手配された斎藤 英次容疑者ですが、見た目は普通に優しそうなおじいさんなんですがね。

人は見かけによらずとはこのことですね。

早く見つけて逮捕していただきたいです。

斉藤英次容疑者は元妻にどんな恨みがあった?

現在、犯行動機について明らかになっていませんが、何かしらのトラブルがあったのでしょう。

元妻ということで、離婚していたと推測できます。

離婚してからも連絡は取りあっていたけど、子供のことかお金のことか分かりませんが、二人の間に問題があったのではないでしょうか

どんな理由にせよ、アイスピックで人を刺すことは許されることではありません。

斉藤英次容疑者はどこに逃走した?経路は?

斎藤英次容疑者は、元妻を刺して逃走したようですが、逃走場所や逃走経路やどのようなものだったのでしょうか。

報道によると、事件現場には斎藤容疑者のマウンテンバイクが無くなっていたようですから、マウンテンバイクで逃走したのでしょう。

マウンテンバイクは自転車ですから、そこまで遠くへは逃げられないはずですが、北海道は面積が広いので探し出すのはなかなか難しそうですね。

ネットの反応

被害者が元夫だと初めから言っていたし、近隣では有名なトラブル爺だったというし、まして武器も持っている。
なのに公開捜査に3日掛かるとは…半日あれば札幌や函館まで逃げられるんだから遅すぎる。
野宿して熊に襲われるかな?
心のアクセルとブレーキ、間違えたね
何歳になっても怨恨は怖いな。
人は見かけによる
ごくごく一般的なお爺さんに見えます。
早く捕まりますように。

さいごに

いかがでしたか?

今回は、北海道登別市で起きた元妻をアイスピックで刺して指名手配にされた斎藤英次容疑者についてめとめてみました。

早急に見つけ出して二次被害が起きないようにしていただきたいです。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

関連記事