ニュース

柏崎伸吾 顔画像や犯行動機がヤバい!JR茅ケ崎駅の線路に突き落とす事件

6月7日の夜に神奈川県のJR茅ケ崎駅のホームで30代の男性を線路内へ突き落としたとして、柏崎伸吾(40)容疑者が逮捕されました。

幸い突き落とされた30代の男性は命に別状はなかったようです。

また、柏崎伸吾容疑者が突き落とした理由が幼稚で考えられないと話題になっているようです。

そこで今回は、柏崎伸吾容疑者の顔画像や現場の様子、犯行動機などについてまとめていきたいと思います。

柏崎伸吾容疑者がJR茅ケ崎線の線路内に男性を突き落とす事件

今回、柏崎伸吾容疑者が起こした事件の詳細です。

トラブルから相手の男性を線路に突き落としたとして、40歳の男が逮捕された。

柏崎伸吾容疑者(40)は7日夜、神奈川県のJR茅ヶ崎駅で、30代の男性を線路に突き落とすなどしてけがをさせた疑いが持たれている。

出典:ヤフーニュース

6月7日、神奈川県のJR茅ヶ崎駅の線路内に30代の男性を突き落としたとして柏崎伸吾(40)容疑者が逮捕されまた。

線路内に突き落とすなんて普通の考えの人間であればしないはずです。

控えめに言ってヤバいですよね。しかも年齢も40歳で立派な大人です。

幸い被害男性は怪我だけで済みましたが、これがもし頭を強打して命を亡くしていたらどう責任を取るつもりがったのでしょうか?

事件現場の様子は?

今回事件が起きた場所はどこだったのでしょうか?

報道では、以下のようになっていました。

事件現場は、

神奈川県にある

JR相模線の茅ヶ崎駅となっています。

柏崎伸吾容疑者の顔画像やプロフィール

名前 柏崎 伸吾(かしわざき しんご)
年齢 40歳
住所・職業 不詳
容疑 傷害または殺人未遂

柏崎伸吾容疑者は40歳ということで結婚して子供がいるのでしょう。このことを妻や子供が知ったらどう思うでしょうか?

柏崎伸吾容疑者の顔画像については、まだ公開されていませんので随時更新させていただきます。

柏崎伸吾容疑者の犯行動機がヤバい

今回、JR茅ヶ崎駅で柏崎伸吾容疑者が男性を突き落とした理由が幼稚でヤバイと話題になっています。

柏崎容疑者は、イヤホンの音漏れを男性から注意されたことに腹を立て、犯行に及んだとみられている。
出典:ヤフーニュース

イヤホンの音漏れを注意されて線路内に突き落とすなんて、どれだけ自己中で幼稚なんでしょうかね。こういう危ない人間がいるせいで注意したくてもできないんですよね。

注意した男性はきっと自分だけでなく周りの人も迷惑そうにしていたから注意したのだと思います。

素晴らしい行動力です。見習うべき方ですよね

なんだか最近こういう事件が多いような気がします。ストレス社会で些細なことで頭に血が上りやすくなっているんでしょうか。

ダメなことはダメと注意して周りが生きやすい世の中になってほしいです。

柏崎伸吾容疑者の罰則は?

柏崎伸吾容疑者は、傷害または殺人未遂のどちらかの罪が罰せられるかと思います。

傷害罪は、15年以下の懲役または50万円以下の罰金

殺人未遂の刑罰は、5年以上の懲役です。

傷害罪であれば刑務所に行かない可能性がありますが、殺人未遂であれば一発刑務所です。

しかし、このような危険な人物はしっかりと更生するために刑務所で生活してほしいです。

ネットの反応

線路に突き落としたタイミングで電車が入ってくるかもしれないことは簡単に予見できます
それにも関わらず突き落としたのは「殺してもかまわない」という殺意があったのでしょう
電車はたまたま来なかっただけで、これは暴行傷害ではなく殺人未遂だと思います
年下にマナーで注意されてキレるとはなぁ、でも最近はガキみたいにだらしのないオッサン多いから珍しくないかもな。
確かに仕事上がりで疲れている時に、隣で”チャカチャカ”音漏れ聞かされたらイライラするなぁ。でも注意したらトラブルになる可能性はある。
注意されたからといってキレて突き落とす40歳も短絡的で未熟な人間。
40歳なら音漏れが周囲を不快にするって認識して欲しいけど。音漏れも突き落としの理由も思考がガキ過ぎる。
死ぬ可能性が大きい行為をした時点でもはや殺人と同等でも構わないと思う、未遂は言葉としてはおかしいのでは。
~~未遂って矛盾してると思う。
タマタマ成功しなかっただけかもしれないし。
正直こういうのがあるから、なかなか公共の場で見ず知らずの奴に注意するのは難しいよ。正義感で正しいことやっていても逆恨みで刺されたり危険な目に遭わされたりするから。

さいごに

いかがでしたか?

今回は、JR茅ヶ崎駅で男性を突き落とした柏崎伸吾容疑者についてまとめてみました。

イヤホンの音漏れで注意され線路内に突き落とすなんて考えられえません。

今回の件でしっかりと反省してほしいですね。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

関連記事