エンタメ

梅田達也 猫カフェ(ねこかつ)の場所はどこ?年収と経歴は?情熱大陸に出演

5月12日23時からTBS系で放送される【情熱大陸】で、保護猫カフェを経営する梅田達也さんが特集されることが分かりました。

近年では犬派よりも猫派の方が急増しており、猫カフェもあちこちでオープンしています。

大人気国民的ユーチューバーであるヒカキンさんも、最近猫を2匹飼い始めましたね。

本日放送される、猫カフェとはまた違った梅田達也さんが経営する”保護猫カフェ”とは一体何なのでしょうか?

調べてみたところ、驚きのシステムが存在していました!

今回は、保護猫カフェのシステムや、経営者である梅田達也さんのプロフィール、年収など気になる情報を調べてみました。

梅田達也さんが情熱大陸に出演!

本日5月12日の23時から放送されるTBS系番組・情熱大陸で、保護猫カフェの経営者である梅田達也さんが特集されます。


情熱大陸の公式Twitterでは、”店主の怒涛の春に密着”という文章が。

怒涛の春?一体何のことなのだろう?と疑問に思い調べてみたところ、猫の繁殖期が4月から始まることが多いのだそう。

繁殖期が始まることにより、野良猫の保護依頼、捨てられた子猫の持ち込みが絶えず、保護猫カフェを経営する梅田達也さんにとって春は最も忙しい時期なんだそうです。

野良犬は滅多に見かけませんが、対して野良猫はどこにでも沢山いますね。

そもそも野良猫が増える理由は何なのでしょうか?

出典:フェリシモ 猫部

無闇な餌やりと、飼い主の責任ない遺棄が主な原因です。

図を見る通り、野良猫が増えすぎると排泄物や鳴き声、車に轢かれてしまったり…と様々な問題が発生します。

そこで行政による殺処分が行われてしまい、沢山の野良猫が命を落としてしまうのです。

このように野良猫の増殖・殺処分が問題視される中、今回情熱大陸で特集されることになった梅田達也さんが立ち上げた”保護猫カフェ”が話題になっていました。

そもそも保護猫カフェの仕組みやシステムはどのようなものなのでしょうか?

保護猫カフェって何?

梅田達也さんが経営している保護猫カフェ【ねこかつ】の公式サイトによると、

ねこかつは、家族を探している猫と出会える保護猫カフェです。

ねこかつにいる猫たちは、「ペットショップ」で買ってきた猫ではなく、行き場のない猫を保護してケアしながら、同時に飼い主様も募集しております。
もちろん、遊んでいただくだけでも構いません。(お店の収益は猫の保護活動のために使わせていただきます。)

出典:ねこかつ

普通の猫カフェはそのお店で猫と触れ合って帰るのでお店にいる猫を貰うことはできません。

ですが、ねこかつでは猫カフェとして遊びに行ってもOK、「猫が欲しい」と思っている方に譲渡することも可能という特殊な仕組みになっています。

実際にねこかつで譲渡してもらった飼い主さんも多数いました。

どうやら数週間の間お試し期間というものが存在し、本当に自分と選んだ猫が合っているのかどうかを考えられる期間を設けているようです。

むやみやたらに譲渡しても「やっぱり合わなかった」という理由でまた捨てられてしまっては意味がありませんので、お試し期間があるのはいいですね。

譲渡の流れについては公式サイトで詳しく説明がありました。

出典:ねこかつ

【繁殖ストップ】を推奨しているねこかつでは、不妊・去勢手術を必ず行っているようです。

猫たちの繁殖を止めるにはやはり不妊・去勢手術は必須ですし、殺処分0にするにも手術をすることが一番だと思います。

ねこかつの保護猫たちはどんな猫たちがいるのでしょうか?

 

View this post on Instagram

 

保護猫カフェねこかつ@川越&大宮日進さん(@hogonekocafe_nekokatsu)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

保護猫カフェねこかつ@川越&大宮日進さん(@hogonekocafe_nekokatsu)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

保護猫カフェねこかつ@川越&大宮日進さん(@hogonekocafe_nekokatsu)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

保護猫カフェねこかつ@川越&大宮日進さん(@hogonekocafe_nekokatsu)がシェアした投稿

どの猫もとっても可愛らしいですね。

猫が欲しい、飼いたい!と思っている方はペットショップだけではなく、保護猫の譲渡も視野に入れてみてください。

保護猫カフェ”ねこかつ”の店舗場所はどこ?

梅田達也さんが経営する保護猫カフェ【ねこかつ】の店舗は2か所で、いずれも埼玉県内にありました。

<川越店>

  • 12:00~20:00
  • 定休日 毎週月曜日(祝日の場合は営業、翌日火曜日が定休日)
  • 西武新宿線本川越駅より徒歩約2分、JR川越駅より徒歩約10分

<大宮日進店>

  • 12:00~20:00
  • 定休日 毎週月曜日(祝日の場合は営業、翌日火曜日が定休日)
  • JR日進駅より徒歩約5分

どちらの店舗も駅から近いのでアクセスが良いですね。

そしてどちらの店舗も定休日は月曜日なのでご注意ください!

ねこかつの料金は?

気になるねこかつの料金システムですが、公式サイトでは

30分 600円
1時間 1,000円
以降30分ごと +400円

と記載されていました。18歳未満のお客さんは上記金額から全日半額になるみたいです。

中高生や子連れのお客さんには嬉しいシステムですね。

また、平日限定で以下に該当する方は半額になるようです!

  • 65歳以上の方
  • 障がい者の方&ご同伴の方(1名様まで)
  • 野良猫の餌やりさん(野良猫は全頭不妊・去勢手術済みに限ります。)

出典:ねこかつ

基本料金には1ドリンクがついているようなので、かなりお手頃な金額なのではないでしょうか?

ドリンクは別途料金だったり、1時間1,500円近くする高額な猫カフェも多数存在するので、この料金設定なら気軽に遊びに行けそうですね。

”保護猫カフェ”という斬新かつ画期的なアイデアを発案して見事実行した経営者の梅田達也さんの経歴などは公開されているのでしょうか?

梅田達也さんのプロフィールや経歴 家族は?

名前 梅田達也
年齢 46歳
出身地 東京都
学歴 明治大学法学部卒業

明治大学ということはあの有名なMARCHですね。頭がいいです。

弁護士を志したそうですが司法試験に落ちてしまい、卒業後は外資系の企業に就職したそうです。

梅田達也さんが保護猫カフェを設立するきっかけとなったのは2011年東日本大震災のとき、避難地域に取り残された犬や猫を保護する活動に参加した時でした。

幼いころから大の猫好きだったという梅田達也さん、将来の夢は【保健所の動物を救うこと】だったそうです。

震災の際に動物たちを保護したことから一念発起、外資系の企業を退職して物件探しからリフォームまで全て梅田達也さん一人で行いました。

行動力の化身ですね。大体の人が「やってみたい」と思っても思うだけで終わってしまうところを、梅田達也さんは実行したのですから。

そして決心した2年後の2013年に【ねこかつ】をオープンさせました。たった2年でオープン、凄いです。

今では2店舗のオーナーとして活躍しており、猫の世話はもちろん、お客さんからの相談など日々忙しい毎日を送っているそうです。

また、梅田達也さんの家族構成などについては明らかになっていませんが、今夜放送される番組の中でもしかしたら触れられるかもしれません。

本日放送される【情熱大陸】の予告動画はこちらです。

最近は保護猫・保護犬に関心が高まっていますし、梅田達也さんの日常やねこかつ内の猫たちの様子が特集されるので、見逃せませんね。

現在2店舗を経営する梅田達也さんですが、年収などはどのくらいなのでしょうか?

梅田達也さんの年収は?

梅田達也さんの年収は当然ながら公表されていませんが、平均的な猫カフェオーナーの年収は800万円前後だそうです。

あくまでもネット上の情報なので一概に断言はできませんが、かなり繁盛しているところだとこのくらいは貰えるみたいです。

ですが家賃・光熱費・猫たちの餌代や医療費諸々を差し引くと手元に残るのはもっと少なくなりますね。

2店舗の経営者なので単純計算すると1600万円程の年収になりますが、現実問題そこまで貰えるとは思えないので1000万円前後なのではないでしょうか。

現在46歳の梅田達也さんですが、一般的な46歳の年収は500万円前後と言われていますから平均と比べると稼いでいると思います。

ネットの反応

最後に

ネットの反応を見ても、保護猫が注目されているのが伝わってきますね。

日本は特にペットの遺棄・殺処分が多いので、野良猫や野良犬を保護する運動がもっと広まればいいなと思います。

本当に動物のことが好きなら、今後のことも考えてあげる必要がありますよね。

最近では高齢者がペットを飼うも、先に飼い主の方が亡くなってしまってペットが野良化してしまうケースが多発しているそうです。

猫や犬は10年以上生きますから、自分の人生設計もきちんと考えながら飼うことが大切です。

私自身猫が大好きなのですが、ペットショップではなく譲渡会に足を運んでみようと思いました。

ねこかつの公式サイトはこちら

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

関連記事