ニュース

星野健次 顔画像判明?前科がヤバい!横浜市でホームレスを殴り逮捕

5月11日夜、神奈川県横浜市でホームレスの男性の頭をブロックで殴りけがをさせたとして、星野健次(58)容疑者が逮捕さました。

星野健次容疑者は「刑務所に入りたかった」と話しているようです。

この手の犯罪はなんだか同情してしまいますよね。しかし、刑務所に入りたいがために、他人を傷つけるなんて考えれませんが。

また、星野健次容疑者は今までの前科がヤバいようで話題になっています。

そこで今回は、星野健次容疑者の顔画像や事件の詳細などについてまとめていきたいと思います。

横浜市の路上でホームレスを殴り、星野健次容疑者が逮捕

以下、今回起きた事件の詳細です。

11日夜、神奈川・横浜市でホームレスの男性の頭をブロックで殴りけがをさせたとして、58歳の男が逮捕された。男は「刑務所に入りたかった」と話しているという。

傷害の疑いで逮捕されたのは横浜市に住む無職・星野健次容疑者(58)。警察によると、星野容疑者は11日夜、横浜市の石川町駅付近の高架下の路上で寝ていたホームレスの69歳の男性に対し、ブロック片で頭を複数回殴るなどした疑いが持たれている。

2人に面識はなく、男性は頭を骨折するなど全治1か月程度の重傷だという。

星野容疑者はこれまでにも暴行事件などで20回以上逮捕されていて、今回は、警察に自首し、「刑務所に入りたかった」「今の生活よりもそっちの方が良い」などと調べに対し、話しているという。

星野容疑者は容疑を認めているという。
出典:ヤフーニュース

星野健次容疑者は「刑務所に入りたい」がためにホームレスの男性を殴ったようですが、頭の骨を折る全治1か月のケガを負ったようです。

相当刑務所に入りたかったみたいですね。可哀そうです。

しかし、刑務所に入りたいがために殴られたホームレスの男性のほうがもっと可哀そうです。

日本の格差社会が生んだ悲しい事件です。

事件の画像

出典:ヤフーニュース

事件が起きた場所はどこ?

今回事件が起きた場所は、

事件が起きた場所は、

神奈川県横浜市中区吉浜町

根岸線石川町駅付近の高架下だったようです。

星野健次容疑者の顔画像やプロフィール

名前 星野健次
年齢 58歳
職業 無職
住所 横浜市中区扇町

容疑 傷害罪

星野容疑者は無職で普段の貧しい生活に耐えれら亡くなり、ホームレスを殴ったようです。

星野容疑者の住所から犯行現場は非常に近いことから、相当な刑務所に対する思いが強かったように感じます。

徒歩数分といったところでしょう。

顔画像については公開され次第、追記させていただきます。

星野健次容疑者の犯行動機は?刑務所に入りたかった?

今回、星野健次容疑者の犯行動機はどのようなものだったのでしょうか。

星野容疑者はこれまでにも暴行事件などで20回以上逮捕されていて、今回は、警察に自首し、「刑務所に入りたかった」「今の生活よりもそっちの方が良い」などと調べに対し、話しているという。
出典:ヤフーニュース

刑務所に入りたいがために、他人に暴行を働くなんて考えられないです。

また、今までに20回以上も逮捕されていたようで、人生の半生以上は刑務所で過ごしていると伺えます。

そこでの刑務所生活に味を占めたのでしょう。

日本の格差社会のせいと言われればそれまでですが、出所した後はまた同じことをすると思うので、一生刑務所にいてほしいです

刑務所に入りたいがために犯罪に手を染める高齢者の数

年々高齢者による犯罪が増加傾向にあるようで、刑務所から出所したあとの再犯率が4分の3という衝撃の調査結果がありました。

2007年に法務省が発表した「特集-再犯者の実態と対策」によると、高齢者の1年以内の再犯率は約半数。2年以内では約4分の3だという。

再犯者の一人で、刑務所に入るのは8回目だという女性は、「ここには友達もいるし」とカメラの前で語った。

衣食住が支給され、仕事もある刑務所に居場所を感じてしまっている高齢受刑者もいるようだ。
出典:IRORIO

やはり刑務所での生活に味を占めてしまう高齢者が多いようです。

衣食住と仕事を与えてしまうことに問題があるのではないかと思います。

2日に1回の食事で、重労働作業でもやらせておけばこんな事態にはならないのではないでしょうか。

ネットの反応

人権派と呼ばれる連中の活動のおかげで、刑務所なのにホームレス以上に健康的な暮らしができて、罪人なのに、例えるならひどいブラック企業以上の人権が保証されるという矛盾状態に陥った。
犯罪人にも当然人権があるだろうが、保障の仕方を間違えてると思う。
他にも生活保護受給者がワーキングプアと呼ばれる人以上の生活が出来たり、これって健全な社会と呼べるのかな?と疑問に思うことがある。
これもデフレ社会が生んだ問題なのだろうな。
日本が順調に成長していた頃は、これらは殆ど問題視されてなかったように思う。
旧監獄法の時代から、行刑施設での生活のほうが厳しいことや、人権もない世界であることを知っていながら、そういう場所へ回帰したくなる人は必ずいた。日本の社会は国際的に見ても排他的で社会に寛容性がないことで受刑歴のある人を孤立させたり、異常な締め付けをし貧困を味合わせるような福祉行政の姿勢にあること思うと当然だとも思ってしまう。現にこの被疑者も刑務所に戻りたかったとは言っているが、快適だったとは言っていない。その塀の内側には、自分と立場を同じくした仲間がいることや、孤立しないで済むという精神的な安心があるのだろうと思うね。そういう、人間が出てしまう社会の不寛容性に残念に思う。
精神科病院は健康管理してくれるし、厚待遇だぞ。
こういった理由の犯罪はこれから更に増えるでしょうね 罪人に甘すぎて被害者軽視のこの国では
たぶん出てきてもこいつは同じことをする。
だって服役を罰とは感じていないのだから。
下手するともっと長く服役したいがために次は殺人を犯すかもしれない。
ただ被害者が殴られ損。
被害者の方が、気の毒すぎる。
国が家のない人には、生保をすればいいのにとおもいます。

さいごに

いかがでしたか?

今回は横浜市でホームレスの男性を殴り逮捕された星野健次容疑者についてまとめてみました。

これからもこういった犯罪が増えてくると思うので、政府は対策が必要になってくるのではにでしょうか。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

梅山幸彦 顔画像特定!イケメン国士館大学生のSNS判明!詐欺で逮捕5月12日、高齢女性からキャッシュカードをだまし取ろうとしたとして、国士舘大学の学生・梅山幸彦(20)容疑者が逮捕されました。 梅...
関連記事