ニュース

赤間政志の顔画像や動画がヤバい!雷門刃物男を特定!?金欠だったか?

4月29日午後5時ごろ、東京・浅草の雷門前で刃物のようなものを持った男が暴れていたことが分かりました。

逮捕されたのは、赤間政志(63)容疑者。

幸いけが人や負傷者は出ていないとのことです。

平成最後に何か大きなことでも起こそうとしたのでしょうか?思考回路が理解できませんね。

そこで今回は、浅草雷門で刃物を持って暴れた赤間政志の顔画像鵜や犯行動機、現場の様子についてまとめていきたいと思います。

浅草雷門で暴れた赤間政志の顔画像や動機は?負傷者や現場の様子4月29日午後5時ごろ、東京・浅草の雷門前で刃物のようなものを持った男が暴れていたことが分かりました。 幸いけが人や負傷者は出てい...

浅草で刃物を振り回した赤間政志容疑者が逮捕

29日夕方、東京・浅草の交番にナイフを持った63歳の男が押し入り、警察官から現金を脅し取ろうとしましたが、強盗未遂などの疑いでその場で逮捕されました。
現場は浅草寺の雷門のすぐ目の前で、当時、大勢の観光客などでにぎわっていて、一時騒然となりました。

29日午後5時ごろ、台東区浅草の交番に男が押し入り、警察官に果物ナイフを突きつけて「金をくれよ」などと脅しました。
男は警察官からナイフを捨てるよう警告されると交番の外に出て警察官に取り押さえられ、強盗未遂や銃刀法違反などの疑いでその場で逮捕されました。
けが人はいませんでした。
警視庁によりますと、逮捕されたのは住所不詳で無職の赤間政志容疑者(63)で、調べに対し「持ち金が無く、金が欲しかった」と供述しているということです。
現場は浅草寺の雷門のすぐ目の前で、当時、大勢の観光客などでにぎわっていて、一時騒然となりました。

当時、現場の状況を撮影したという人は「午後5時ごろ、交番の中から大きな男の叫び声が聞こえ、まもなく刃物を持った男が交番から出てきた。雷門の前には大勢の観光客がいたが、すぐに警察官が男を取り押さえ何事もなくてよかった」と話しています。

出典:NHK

浅草で事件が発生した場所はどこ?

刃物を持った犯人の身柄が拘束されたのは、浅草の雷門の前だったようです。

GWということもあり相当の人の数だったようです。

なにより、ケガ人が出なくてよかったです。

赤間政志容疑者について

名前 赤間政志(あかままさし)
年齢 63歳
住所 不詳
職業 無職
容疑 強盗未遂と銃刀法違反

現在顔画像は公開されていませんが、公開され次第追記させていただきます。

63歳の無職ということで、年金は貰っていなかったのでしょうか?

名前に自称がついていないので、財布を持っていたと予想できますので、相当お金に困っていたのでしょう。

なんだか同情してしまいますね。

赤間政志容疑者が捕まる様子

犯行動機は金欠だった?

赤間政志容疑者は誰も怪我人を出さなかったことから、本当に金欠だったことが分かります。

ネット上では無差別テロか?と騒がれていましたがそうでもなさそうですね。

おそらく、今回の件で逮捕されて刑務所内で生活したかったのではないでしょうか。

そうすれば最低限の衣食住は保証されますからね。

しかし、もっと他の方法があったかと思います。

生活保護を受けたりできなかったのでしょうか。

ネットの反応

金が欲しいと言うよりも
逮捕されて
屋根があり、布団があり、ご飯が出てくる
今後の介護の心配もない
そんな夢のようなパラダイスに行きたいのでは
これは敢えて捕まりに行ったのではないかな?ひどい社会で過ごすよりはと思ったのかも。
捕まりたかったんだろう。
一般人に危害加えなかったのは、良かったと思うけど、複雑な心境になる。
あえて警察官に捕まりに行ったことが、素晴らしい、生活が大変なのも解ります。ただ区役所や行政にも責任があったのでは?

さいごに

いかがでしたか?

今回は雷門で暴れた赤間政志容疑者についてまとめてみました。

金欠でわざと捕まったと思うとなんだか悲しい気持ちになりますね。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

関連記事