ニュース

木嶋佳苗が3度目の獄中結婚!旦那夫イノウエ王子の顔画像や手紙の内容がヤバい!

交際していた三人の男性を殺害して現在死刑囚として収監中の木嶋佳苗(44)が、昨年一月、三回目となる獄中結婚をしていたことが明らかになりました。

三回目ってすごいですね。獄中にいながらも男性を引き付ける彼女の魅力があるのでしょう。

そもそも木嶋佳苗とは一体何者なのかご存知ではない方も多いのではないでしょうか?

今回は、木嶋佳苗の生い立ちや事件概要、今回の結婚相手について調べてみました。

この記事で分かること↓

・三回目獄中結婚の内容

・木嶋佳苗の経歴

・今回の結婚相手について

・ネットの反応

AAA浦田直也が女性暴行で逮捕!相手は誰?酒癖や素性がヤバかった4月20日、男女6人グループ「AAA」のリーダー浦田直也(36)容疑者が女性に暴行したとして逮捕されました。 非常に衝撃です。カラ...
高山登の顔画像特定?木更津市江川事故!高山容疑者はヤバい人だった4月23日、午前7時頃、千葉県木更津市の横断歩道を渡っていた小学3年の女児2人が軽乗用車にはねられ、1人が亡くなり、1人が重傷を負う悲し...

首都圏連続不審死事件の犯人、木嶋佳苗が三回目の獄中結婚

首都圏連続殺人犯で、現在死刑囚として収監されている木嶋佳苗が三度目の獄中結婚をしたことがわかりました。


三回目の獄中結婚とは?と疑問に思う方もいると思いますが、木嶋佳苗が初めて獄中結婚したのは今から4年前の2015年3月。

不動産会社に勤務していた支援男性と結婚しましたが翌年2016年にスピード離婚しました。

その後逮捕前から知り合いだったという男性と再婚しましたが、後に離婚。

そして今回三回目となる獄中結婚をしたということです。

4年の間に3回も結婚、しかも獄中にいるんですよ?相当モテるんですね…ある意味凄いです。

1回目→2015年3月

2回目→2016年

3回目→2018年1月

ところで、木嶋佳苗死刑囚とは一体どんな事件を起こした人物なのでしょうか?

木嶋佳苗の生い立ちやプロフィール

名前 木嶋佳苗(きじま かなえ)
年齢 1974年11月27日(44歳)
容疑 連続殺人犯、詐欺師
最終学歴 東洋大学経営学部第2部経営学科入学(後に学費未納で除籍)
出身 北海道中標津町

調べてみたところ、生い立ちが半端なかったです。。

小1で初体験をし、翌年より援助交際に目覚める。高校生のときに窃盗罪で保護観察処分。

2003年3月、ネットオークションにパソコンを売ると書き込み、東京都内の男性から10万円をだまし取ったなどとして、警視庁に詐欺容疑で逮捕され、懲役2年6月、執行猶予5年の有罪が確定していた。

ピアノ講師や、訪問ヘルパーにつく。インターネット詐欺での被逮捕暦がある。月額23万円の高級マンションに住んでいた。ワインカラーのベンツの高級車も運転していた。『かなえキッチン』なるブログも更新していた。

2009年9月25日に、結婚詐欺で埼玉県警察に逮捕される。

2009年10月21日に、詐欺の容疑で起訴される。

彼女の知人で、不審死を遂げた人が6人いて、連続殺人事件の可能性を視野に入れて、関連について警察が慎重に捜査している。推定無罪の原則を貫かざるを得ない。

週刊新潮、週刊朝日、日刊ゲンダイでは、実名が掲載されている。また、多くの一般市民は、彼女による連続殺人事件がおきたと、とらえている。

2012年4月13日、さいたま地方裁判所から死刑判決。

2014年3月12日、東京高等裁判所から控訴棄却。

2017年4月14日、最高裁判所から上告棄却。この時に60代男性の支援者と獄中結婚までしている。

引用:yourpedia

衝撃なのは小学二年生のころから援助交際をしていたということ。

小学二年生といえばまだ7歳くらいですよね。考えられません。

どう考えても幼い頃に何かあったとしか思えませんね。家庭環境に問題があったのでしょうか。

一説によると、木嶋佳苗の母親は相当な教育ママだったたらしく、厳しく育てていたようです。

また、高校生の時に窃盗で保護観察処分を受けていて28歳で詐欺を行っていますが、小学生の頃から窃盗の癖があったとのこと。

う犯罪を犯罪と捉えていないんでしょうね。罪の意識がなさすぎます。

東洋大学に通っていたようですが、学費の未納から除籍されており、その後ケンタッキー・フライド・チキンに就職したようですがすぐに退職したようです

逮捕当時34歳だった木嶋佳苗は41~80歳の男性4人に総額1億円以上を貢がせ、練炭を使って一酸化中毒死させた。

これが決定打となって死刑が確定したようですね。当然ともいえます。

しかし、これだけの男性を魅了した木嶋佳苗ですが、容姿を見る限り美人とは言えない気が。

調べてみたところ、木嶋佳苗には容姿以外で男性を魅了する点がいくつかあったみたいです。

・声が美しい

・料理がうまい(料理学校「ル・コルドン・ブルー」に通っていた)

・達筆

・仕草が綺麗

更に母親のスパルタ教育により学業優秀だったことから、容姿がイマイチでも努力と天性の声などで数々の男性を虜にしてきたわけですね。

一言でいうと【育ちのいいお嬢様】というイメージを完成させていたようです。

自分で働いてお金を稼ぐことを好まなかった木嶋佳苗は、男性に貢がれることに努力を重ねていました。

ある意味凄いですね。プライドがかなり高かったようで、キラキラした生活を送り続けたかったのでしょう。

そして今回で三回目となる獄中結婚ですが、お相手は誰なのでしょうか?

木嶋佳苗と獄中結婚した相手、イノウエ王子とは誰?顔画像は?

木嶋佳苗の三回目の獄中結婚の相手となった男性は、通称「王子」と呼ばれている方。

気になるお相手はなんと週刊新潮の記者で、2012年から木嶋佳苗と交流があったみたいです。

新潮社の関係者は以下のように述べています。

「彼は40代前半で、記事を執筆するデスクのなかでも、編集長の右腕であり、ナンバー2といっていい存在。木嶋氏の“遺言手記”の担当デスクでした」

引用:Yahooニュース

木嶋佳苗の特集を担当していた方だったから交流があったようですね。

今回の結婚に対してイノウエ王子は、

「彼女の記事を手がけた後、死刑が確定するという流れがあって、取材者と被取材者の関係を超えて思いが募ったということです。相手をもっと知りたいと思った時に、手段として結婚の形をとる方向に傾いていったのです。今も悪くない関係だと思いますし、結婚に後悔はありません」

引用:Yahooニュース

と語っていました。取材を通していくうちに徐々に木嶋佳苗に惹かれていったのですね。

しかしこんなことあるんですね…記者を落とすなんて木嶋佳苗のスペック恐るべしです

イノウエ王子の顔画像や本名については公表されておらず、いまだ不明ですが、新潮社の記者ということはわかっています。

そんなイノウエ王子、木嶋佳苗のブログ「拘置所日記」で度々登場していました。

木嶋佳苗の拘置所日記とは?

拘置所日記とは木嶋佳苗が死刑囚という身でありながら2014年に開設されたブログです。

ブログを管理しているのは木嶋佳苗本人ではなく、支援している男性らしいです。

こちらは最後に更新されていた2018年5月の記事です。

このように手書きで書かれたpdf形式の画像で日記が続いており、34枚以上書かれていました。

確かに達筆ですね。字が綺麗で丁寧です。

今回の結婚相手であるイノウエ王子は2017年の5月に投稿された記事で、

イノウエ王子から初めてお手紙を頂戴したのは、5年前の5月のことでした。実は王子の後輩や上司ともお目に掛かったことがありまして、かなりオープンでクリーンな交際を続けてきました。ディープな関係になったのは、去年からです。

引用:木嶋佳苗の拘置所日記

と書かれています。度々ブログ内でも登場しているようです。

記事内容を見るに、2016年頃からお付き合いをしていたということでしょうか。

死刑囚でありながら、拘置所からこのようにブログ記事を書いていると思うと只者じゃないことが分かります。

精神が図太すぎますね。常人にはとてもできることじゃないと思います。

ネットの反応

最後に

ネット上では驚きの声と共に「木嶋佳苗のテクニックが載った婚活の本を出すと良い」「映画化してほしい」などの声が見受けられました。

確かに婚活している方にとっては「三回目の結婚?しかも獄中で?」ってなりますよね。

今回調べてみて、魔性と呼ばれる理由がわかりました。

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

 

関連記事