ニュース

池袋事故犯人の飯塚幸三は元クボタ!?東大卒で元官僚のボケがヤバい

4月19日、池袋の交差点で乗用車が暴走し2人の命が奪われるという悲しい事故が起こりました。

運転手(犯人)の飯塚幸三87歳という高齢っぷり。もうどうしようもないですね。

またしても高齢者による運転で人の命を奪ってしまいました。

なぜ飯塚幸三は暴走してしまったのか?飯塚幸三とはどんな人物なのか非常に気になるところです。

そこで今回は飯塚幸三(87)容疑者の画像や経歴、事故原因やドライブレコーダーの内容についてまとめてみました。

高山登の顔画像特定?木更津市江川事故!高山容疑者はヤバい人だった4月23日、午前7時頃、千葉県木更津市の横断歩道を渡っていた小学3年の女児2人が軽乗用車にはねられ、1人が亡くなり、1人が重傷を負う悲し...

池袋交差点でプリウスが猛スピードで侵入し10人が重軽傷

4月19日、東京都南区池袋周辺の交差点で飯塚幸三(87)が運転する乗用車が暴走して、トラックに突っ込み10人が重軽傷を負う恐ろしい事件が起きました。

またしても高齢者による交通事故です。本当に後が絶えません。

実際の事故場面を図にしたものが下記になります。

なんと時速90km/hで交差点に侵入していたとのこと。事故の悲惨さが容易に想像できます。

一般道路で時速90kmなんて考えられませんよね。「恐ろしい」の一言に尽きます。

実際の事故現場の様子↓

トラックが大破しているのが分かります。

あんなスピードで突っ込んだらそれはそうなりますね。

飯塚幸三は2回も事故を起こしていた

なんと犯人の飯塚幸三容疑者は交差点に侵入して事故を起こす前に2回も事故を起こしていたことが分かりました。

  • 1度目はガードレールに接触
  • 2度目は歩行者に接触

2回も事故を起こしていたなんて衝撃です。

時速90km/hで走行していたらハンドル操作が上手く効きそうにないですもんね。

高齢者が乗る乗用車にはスピード制限を設けたほうが良いのではないでしょうか。

事故現場はここ(動画あり)

事故現場となったのは、東京都豊島区東池袋駅付近の交差点(都道435号線の交差点)

実際の事故動画は下記になります。

画質が悪くて分かりにくいにですが、

交差点の左車線から銀色のプリウスが猛スピードで信号無視して交差点へ侵入

→青信号で交差点に進入したトラックと追突→動画手前の自転車に乗った(2人乗り)30代の母親と3歳の女の子が巻き沿い

といった悲惨な事故となりました。

親子の乗っていた自転車はまっぷたつに割れるという衝撃のようです。

親子の命が奪われる

飯塚幸三容疑者が運転する自動車に巻き込まれ、松永さん親子の命が奪われてしまいました。残された旦那さんのことを思うと耐えられません。

高齢者が未来ある子供たちを事故に巻き込む事のないよう今一度免許制度の見直しを図ってほしいですがね。

また、交通機関の発展した大都市で高齢者が運転するのはおかしいことだと思います。リスクが高くなるのは誰でもわかることではないでしょうか。

早急に真相解明して今後このような悲しい事故が起きないようしてほしいです。

飯塚幸三の顔や経歴、東大卒で上級国民だった?

名前 飯塚幸三(いいづかこうぞう)
年齢 87歳(2019年4月20日現在)
住所 東京都板橋区弥生町
職業 無職
学歴 東京大学工学部卒

東大卒の素晴らしい頭脳の持ち主で職歴もすごかったです。

  • 日本通産省工業技術院長(1986-1989)
    日本機械振興協漕会長(1989-1991)
    日本KUBOTA公司董事(1991ー1992)
    日本KUBOTA公司副総裁(1998-)

大企業クボタのお偉いさんだったようです。

飯塚幸三のドラレコ内容がヤバい

飯塚幸三容疑者が起こした悲惨な事故ですが、報道によるとドライブレコーダーの内容が発表されていました。

警視庁によると、事故現場に至る左カーブの辺りで、同乗の妻が「危ないよ、どうしたの」と声を上げた。飯塚さんは「あー、どうしたんだろう」と応じており、直後に車道左側の金属製の柵に接触したとみられる。その後、スピードを上げたまま交差点に突入していた。事故直後には飯塚さんが動揺した様子で息子に「アクセルが戻らなくて、人をいっぱいひいちゃった」と電話している様子が映っていた。出典:Yahoo

「あー、どうしたんだろう」とは?(怒)

すごい許せない気持ちになってきますね。自分が犯したことの判別がつかないなんて手の施しようがないです。

さらには、事故後にすぐに息子に電話しているなんて考えられないです。どういう神経をしているのでしょうか?

ここまで酷いと飯塚幸三容疑者は「ボケ」を発症しているのではと?と疑うほどです。

飯塚幸三はボケが進行していた!?

なんと飯塚幸三容疑者はすでにボケが進行しているのではないかと、NPOほっとプラス代表理事 聖学院大学人間福祉学部客員准教授の藤田孝則氏は述べていました。

認知機能の低下が疑われる発言ではないかと思います。
本人は言い訳のために述べているのではなく、「アクセルが戻らなくなった」と認知していたのだと理解できます。
もちろん自動車操作をしているのは本人なので、そんなことあるわけないだろう、と言いたくなりますが、認知機能身体感覚の低下によって、そのように実感されたのだと思います。
加害者にも被害者にも高齢者が絡む事件が多発していますので、この認知機能の低下による影響を引き続き分析し、免許証返還の審査基準など交通行政に反映させていただきたいと思います。出典:Yahoo 

飯塚幸三容疑者は本心で「アクセルが戻らなくなった」と認知していたようです。

本当に恐ろしいですね、早急に高齢者は免許の返納を行ってほしいです。

それか免許を返納した高齢者には、公共交通機関が安く利用できるなどの政策をとってほしいです。

政府の今後の動向に注目していきたいです。

高齢者による事故は年々増加傾向にある

さて、高齢者による事故はどれくらいなのだろうかと調べたところ、年々高齢者の事故件数は増加傾向にあるようです。

さらには、75歳以上の免許保有者数も年々増加傾向にあったようです。

これって結構ヤバくないですか?

現在、高齢者に対して「免許を返納しましょうね」といったポスターや呼びかけが目立つ中、どうして免許保有者数が増加傾向にあるのでしょう。

調べたところ、

警察署に行ったけど、手続きが難しくて諦めた出典:西日本新聞

などといった理由で免許返納を断念する高齢者が多いようです。

免許返納するには、様々な公的書類や証明写真が必要なようで、それさえ揃えることができないなら運転はしないでほしいです。

家でミカンでも食べて大人しく過ごしてほしいです。

ネットの反応

さいごに

いかがでしたか?

今回は飯塚幸三容疑者についてまとめてみました。

高齢者による事故は本当に後が絶ちませんから早急に真相解明して今後に繋げていただきたいです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

関連記事