ニュース

Amazonプライム値上げの理由がヤバい!年会費1000円増!アマゾンピンチか?

4月12日、AmazonがAmazonプライムの値上げを発表しました。

気になる値上げ金額は1,000円!一体なぜ値上げに踏み切ったのでしょう?

Amazonプライムといえば、Amazonで注文すると翌日に届いたり、kindleで一部書籍が無料で読めたり、Amazonオリジナルの番組が見れたり・・・

消費者にとってかなり嬉しい特典が沢山ついてきますよね。

私もバチェラージャパンを見たいが為にAmazonプライムに登録しました。

値上げ理由は一体何なのか?売上不振によるものなのでしょうか?

今回は、Amazonプライムの値上げや改めて確認しておきたい特典一覧などについてまとめてみました。

源田壮亮の彼女は衛藤美彩!出会いや結婚予定は?愛の守備範囲がスゴイ4月12日、元乃木坂46のメンバー・衛藤美彩と西武ライオンズの源田壮亮が真剣交際していることが発覚しました。 これはビッグニュース...
頼朝海斗の大学は神奈川大学!?鎌倉市の階段で女性を突き落とす2019年1月、神奈川県鎌倉市の線路上の橋で30代の女性が暴行されて、階段から突き落とされたとして、大学生・頼朝海斗(4年)容疑者が逮捕...

Amazonプライム値上げ発表

今回の値上げの詳細は以下のように発表されています。

アマゾンジャパンは4月12日、会員制プログラム「Amazon プライム」の年会費を初めて値上げすることを明らかにしました。同日付で年会費を3900円から4900円(1000円増)に、月会費を400円から500円(100円増)に変更。

2007年に日本初上陸したAmazonプライムですが、値上げは今回が初

気になる値上げ適用日はいつからなのでしょうか?

Amazonプライムの値上げ適用日は5月17日以降の更新時

となっています。来月の引き落としから適用されるみたいですね。

今後も徐々に値上げがされるのか?という問いに対してAmazonは「特に決まっていない」と述べているようです。

今やTSUTAYAやGEOなどのレンタルビデオ屋ではなく、HuluやNETFLIXなどで映画・ドラマを見るという方が大多数を占めるのではないでしょうか?

一律の月額料金で映画などの作品が見放題なら、映画好きの方はそっちの方がコスパが良いですもんね。

Amazonプライムはドラマ・アニメ・映画等のみならず他にも特典がいっぱいなので、加入している方も多いです。

 

Amazonプライム年会費1000円増!

今回は年会費を3,900円から4,900円に上げたので1,000円増ということになります。

これはひと月辺りで換算すると月々325円だったのが408円になるということです。

値上げ後の月々408円でもかなり安いんじゃないかと個人的に思います。他の動画配信サービス月額料金をまとめてみました。

  • Hulu・・・1,007円(作品数:5万以上)
  • Netflix・・・702~1,566円(作品数:非公開)
  • U-NEXT・・・2,149円(作品数:8万以上)

有名なのですとこの辺りでしょうか。従来の325円、改定後の408円でもまだ安いと言えると思います。

上記で挙げたものは「動画配信サービス」ですので、それ以外のサービスはありません

Amazonプライムは他にも特典がありますが、イマイチ理解していない方も多いのでは?

 

Amazonプライムの特典一覧

Amazonプライム会員の特典は以下のようになっています。

  1. 無料の配送特典(お急ぎ便・届け日時指定配達)
  2. prime now(Amazonの商品を最短2時間で配達するサービス)
  3. prime video(映画、TV、アニメなど3万点以上の作品見放題)
  4. prime music(広告なしで100万曲以上の楽曲を楽しめるサービス)
  5. amazon photos(amazon driveに写真を無制限で保存可能)
  6. prime reading(kindle内の対象書籍読み放題)
  7. プライム限定価格(一部の対象商品を安く購入可能)
  8. プライム・ワードロープ(服や靴を最長7日間試せて、試着してからの購入が可能)

実は他にも何点かあるのですが、特に魅力的な特典を抜粋しました。

私自身調べてから初めて知った特典もあったのですが、特典をすべて把握している方は少数なのでは。

上記のようにたくさんの特典がついて年会費4,900円になったので、「高い!もう解約する!」とはなりませんが・・・今回の値上げの理由は一体何なのでしょうか?

 

Amazonプライム値上げ理由

今回の値上げについて、Amazonの担当者は以下のように述べています。

「これまで11年間さまざまな努力を重ね、会費は一度も改訂してこなかったが、(2007年の)開始時と比べて商品数や特典は大幅に増え、外部環境も大きく変わっている。今後も新たなイノベーションを起こし続け、お客様に引き続き便利にご利用いただくために、このような決断をすることにした」

なるほど。つまり「サービスの拡充に伴う値上げ」ということですね。

ちなみに、Amazonプライムの2007年日本上陸当時は「お急ぎ便」などの配送特典のみを提供していたようです。

それからどんどんサービスを追加していったわけですね。

今まで値上げしてこなかったことがむしろ不思議なくらいの特典ボリュームです。

値上げを機に解約する方もいるかもしれませんが、「Amazonでよく買い物をする」という方や、prime videoを利用している方はまだまだ継続していい値段と言えるのでは。

 

ネットの反応

最後に

年間1,000円上げは高い!という声もちらほら見受けましたが…

今までが安過ぎたのではないかな?と思います。海外では年間1万超えらしいですし、改定後でも安い気がします。

prime videoをメインで楽しんでいる方に特に言えることだと思いますが、そもそも一種の娯楽品ですからね。

月額100円、年会費でいうと80円未満の値上げが許せないという金銭状況ならさっさと解約してしまった方がいいです。

私自身主にprime videoでかなりお世話になっているので、元は取れているかなという感想です。これからも利用し続けます。

今後も便利なサービスが拡充されると嬉しいですね。

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

関連記事