ニュース

新元号は誰が書くの?考案者と決める人は誰?発表者は菅官房長官!

2019年4月1日、午前11時30分に新元号が発表されますね。

平成は31年間続いたそうで、明治、大正、昭和、平成の中で3番目に長く続きました。

平成は色々とありましたね。中でもスマホが当たり前になったりと、グローバル化の象徴ともいえる年ではないでしょうか?

そんな平成がもうすぐ終わりを迎えるにあたり、新元号は誰が書くのか?考案者と決める人は誰なのか?発表者についてまとめてみたいと思います。

新元号「令和」意味と読み方は?改元後の日本の反応がヤバい4月1日(月)午前11:30頃、ついに新元号が発表されました。 ネット上では予想で大きな盛り上がりを見せていました。 「永安...
ゴールデンボンバー、新曲「令和」の歌詞・意味とは?「紅白決定」と大反響2019年4月1日、平成が終わりを迎え新元号「令和」へと改元されました。 新元号が発表される4月1日にまだかまだかとソワソワしてい...

新元号は誰が書くの?

 

新元号を書く人は内閣府辞令専門官と決められていますが、現在はまだ辞令官は公表されていません。

平成改元の時は、河東純一さんが新元号「平成」書いたそうで、内閣府総辞令官として30年間職務を遂行した書道家でありました。現在は書道教室を開いています。

また、母校である大東文化大学のロゴマークも書いた人で書道の腕は折り紙付きでした。

しかし、今の内閣には書道家はいないので、プロの書道家にもう頼んでいるかもしれませんね。

新元号は誰が決めた?考案者は発表するのか?

 

新元号の考案者の発表はしないと政府から発表がありました。
しかし、ジャーナリストの池上彰氏によると、

「平成」の元号が決められた前回に倣うと、基本的には政府が密かに何人かの学者に案を提出してもらい、有識者による「元号に関する懇談会」で提案。ここで支持された案が内閣の全閣僚会議で決定するということになりそうです。
ア 国民の理想としてふさわしいようなよい意味を持つものであること。

イ 漢字2字であること。

ウ 書きやすいこと。

エ これまでに元号又はおくり名として用いられたものでないこと。

オ 俗用されているものでないこと。

以上の条件を満たしていなければなりません。また、いろいろな文書に元号のアルファベットの頭文字が略号として使われています。明治はM、大正はT、昭和はS、平成はHというように。このために、この4文字以外のアルファベットを頭文字にした元号になるでしょう。

 

と、学者が考案して政府が決めるみたいです。

新元号発表者は菅官房長官!

 

新元号発表者は「内閣官房長官」である菅官房長官が新元号を発表することが分かっている。

平成改元の際に小渕官房長官が発表したことで知名度が急上昇していますので、今回の改元でさらに菅官房長官の知名度が上がるでしょう。

TBSでは新元号の発表を解説する特別番組が報道されます。

JNN特別番組「まもなく新元号発表!」歴史的瞬間いまなにが?なぜその元号に

2019年4月1日(月)9:55~12:55

ネット上の反応

さいごに

 

いかがでしたか?
今回は新元号にかかわる人たちをまとめてみました。
新元号の発表が待ち遠しいですね。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

ゴールデンボンバー、新曲「令和」の歌詞・意味とは?「紅白決定」と大反響2019年4月1日、平成が終わりを迎え新元号「令和」へと改元されました。 新元号が発表される4月1日にまだかまだかとソワソワしてい...
新元号「令和」意味と読み方は?改元後の日本の反応がヤバい4月1日(月)午前11:30頃、ついに新元号が発表されました。 ネット上では予想で大きな盛り上がりを見せていました。 「永安...
関連記事